【過去問・受験レポート】東京都庁(司書)の基礎データ

【管理人コメント】
東京都庁のデータをご紹介します。(#^.^#)
誰もが知ってる?都庁ですが、データを見るとここ5年近以上
毎年欠かさずに司書の採用を行っていますね。(^-^)

しかも、採用予定数よりも多めに最終合格者を決定している
傾向ありますので、倍率的にもここ数年は大分落ち着いています!\(^o^)/

職場は、中央図書館(港区・南麻布)・多摩図書館(国分寺市)が基本でしょうから
アクセスもいいし、落ち着いた環境ですね。(ただし都立学校勤務の場合もあるそうです)

また、関東地方つながりでは、埼玉県庁をはじめ、東京大学などの国立大学
千葉県庁神奈川県庁栃木県庁横浜市役所調布市役所日野市役所
宇都宮市役所などでは専門職の採用実績があります。

東京はもちろん、神奈川県や埼玉県、千葉県といった首都圏にお住いの皆さんにとっても
目標となる就職先のひとつになるかもしれませんね(^^♪

【問題例】
司書試験 2類(教養・専門 ※正答あり)過去3か年分
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/selection/answer/

【実施結果】

過去の実施状況トップ
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/pc/selection/past/

・2018年度(平成30年度)-1名程度
(受験)37名(男6:女31)→(最終合格)2名(男1:女1) 倍率:18.5

・2017年度(平成29年度)-1名程度
(受験)46名(男10:女36)→(最終合格)2名(男0:女2) 倍率:23.0

・2016年度(平成28年度)-1名程度
(受験)45名(男12:女33)→(最終合格)2名(男0:女2) 倍率:22.5

・2015年度(平成27年度)-5名程度
(受験)122名(男24:女98)→(最終合格)2名(男0:女6) 倍率:20.3

・2014年度(平成26年度)-6名程度
(受験)252名(男56:女196)→(最終合格)7名(男1:女6) 倍率:36.0

・2013年度(平成25年度)-2名程度
(受験)154名→(最終合格)3名 倍率:51.3

・2012年度(平成24年度)-1名程度
(受験)145名→(最終合格)2名 倍率:72.5

【参考】
東京都庁職員採用トップ
http://www.saiyou2.metro.tokyo.jp/

以上いずれも東京都庁ホームページへより引用、編集およびリンク。